福岡市でAirbnb大きなイベント時に許可の動き。注目

Airbnbの福岡の情報

こんにちはAirbnbオンラインサロン運営のKiyoです。昨年の12月にこんな取り組みが福岡でも開始されました。民泊の解禁に向け、市の方でもいろいろな取り組みがどんどん行われています。

ぼくはAirbnbの価値観に惚れ込んで福岡での民泊文化がよりよいものになるようなサポートとしてAirbnbオンラインサロンの運営をしています。

福岡市のAirbnb事情2015年12月

2015年12月8日に福岡で画期的な取り組みが開始されました

嵐とEXILEのコンサートは民泊OK

福岡市は、嵐とEXILEのコンサートの日限定で「民泊」を許可することを8日、高島宗一郎市長が定例記者会見で明らかとしました。

福岡市が動いた

2015年6月の規制緩和実施計画を受けて、厚生労働省は、「イベント民泊は自治体からの要請で、年に1回、1週間程度の利用なら、旅館業法の適用は不要である」といった内容の見解をしめしています。
今回の福岡市の動きはこういった厚生労働省の見解を受けての適用事例になるんじゃないですかね。全国的に見ても福岡市が一番にこの見解に向けて動いたのではないでしょうか。

ずばりこの背景には、福岡市で行われる大きなイベントやコンサートの際に、ホテルが予約できないことが多く、12/17~19の嵐のコンサートと、同じく、12/26、27のEXILEのコンサートの際にも多くのホテルが満室状態になっていることからの動きだと見られます。

今回、福岡市が部屋の提供を募る期間は12/17~19、12/26~27の5日間でした。

民泊受入れ条件

  • 本人が住んでいる住宅
  • 賃貸住宅の場合はオーナーの許可を得ること
  • 空室は対象外
  • 市に申請が必要
  • 集客はairbnbのような民泊斡旋サイトなどで申請者本人が実施

というものでした。

申請手続き自体は、申請書を郵送か市役所に持参。その後審査。
「宿泊者名簿の用意」「宿泊者の氏名、住所、職業並びに国籍又は旅券番号の記入」「施設の提供開始時と終了時は対面にて名簿に記載の宿泊者と実際の宿泊者が同一であることを確認」「旅館業法を所管する部局への情報提供への同意」「市が指定した期間以外に宿泊料を受けて人を宿泊させる場合は、旅館業法を含む関係法令の規定を遵守に同意」という内容の文言が申請書には記載。

これにより、犯罪に使われることの防止とイベント時以外のチェックができるようにとの意図があるんでしょうね。

まとめ

福岡市は戦略特区という位置付けもある為にどんどんこういった最新の取り組みをしていっていただきたいと思います。私のまわりでもAirbnbをはじめてみたいという方の声が多くあると言う福岡の現状もよく耳にします。そんな中以下にはじめやすく、トラブルも起きにくい形でAirbnbをはじめとする民泊文化が浸透して行くのかは今後の課題になると思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。