「バガボンド」第1巻なんど読み返しても毎回活力が出る

マンガを通して、生き方を教えてくれるマンガ家「井上雄彦先生」

読めばすべてがスッキリしやる気と活力が湧いてくるぼくにとっての史上最高のマンガ「SLAMDUNK」の作者です。

今回は、深すぎて読むたびに新しい気づきを与えてくれる歴史マンガ「バガボンド」の第1巻をダイジェストで紹介します。

作者紹介

井上雄彦

1967年生まれ、鹿児島県出身。
1990~1996年、高校バスケの青春を描いた『SLAM DUNK』を週刊少年ジャンプ(集英社)に連載。これが大ヒット作品となり、国内発行部数は完全版を含めて1億1,700万部を記録。
バスケ漫画の金字塔として、今なお続編希望があとを絶たない。また韓国や香港などアジアはもとより、イタリア、フランス、 ドイツ、スペインなどでも発行され、世界中に根強いファンをもっている。

1998年からは剣豪・宮本武蔵を主人公とした『バガボンド』を週刊モーニング(講談社)に連載。
また、車椅子バスケを題材に『リアル』を週刊ヤングジャンプ(集英社)に連載中。
この両作品によって文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞などを受賞、
2009年には文化庁芸術選奨新人賞、ほかに受賞多数。

Cagerより

「バガボンド」

原作:吉川英治の小説『宮本武蔵』

1998年から『モーニング』で連載開始

発行部数:国内6,000万部以上、国外2,200万部以上を記録

大好きなマンガの一つです。

何度も読み直しています。読むたびに何か気づかせてくれ、元気と勇気とやる気をもらえるマンガです、武蔵がいろんな葛藤を抱えながらも何も見えない明日へ向かってとにかくがむしゃらに特に迷いながらもそれでも前へ前へすすんでいく姿がたまらりません。「よし、俺もがんばるぞ」という気にいつもさせてくれる永久保存版のマンガです。

「バガボンド」1巻の見どころ

武蔵と又八。

立身出世を夢見る17歳。

勝つか、負けるか。

生きるか、死ぬか。

武蔵と又八、宮本村の二人の若者が戦に負けたところから物語ははじまる。

朱美と言う妖艶な女性に匿ってもらう二人、武蔵と又八対照的な心模様を見せる、

IMG_7500

野武士辻風組との戦いの果て、二人はバラバラに

IMG_7501

立身出世を夢見る武蔵、その背後にせまるキケン、

IMG_7502

まとめ

改めて読みなおしましたが、なんど読んでもやっぱり面白い。今までなんども見たのに全然注目したことがなかった武蔵と又八の朱美との関わり方の描写がなんとも言えない。もうコレ永久保存版です。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。