福岡の絶品B級グルメ「ふきや」のお好み焼きはヘビー級の重さ

県外の人にこそ教えたい、福岡に来たら食べて欲しいB級グルメ

ヘビー級の重さ。ずしっとお腹に落ちてくる話のネタになるお好み焼き屋「ふきや」を紹介します。

福岡で知名度が抜群のお好み焼き屋です。何人かにお好み焼き食べるなら?と聞けば「ふきや」の名前は必ず上がります。

「天神」「博多」「赤坂」「西新」など有名店舗はたくさんありますが、今回は、「竹下店」に行ってきました。

「ふきや」のお好み焼きは重さが違う

竹下店のオーラは並みじゃありません。歴史を感じます。

IMG_7836

博多駅店はこんな感じ。

お店の前、第6竹下店って書いてありますが、何店舗あるか知りません。

IMG_7840

まずはメニュー表

IMG_7837

今回は、オーソドックスに肉玉を注文。「ふきや」を食べるために朝ごはんを抜いてからのランチに参戦です。

IMG_7843

鉄板の様子。

IMG_7849

これが「ふきや」のお好み焼きです。

IMG_7848

アップの写真。

IMG_7850

マヨネーズをかけたところ。竹下店は抽出タイプでしたが、すくってかけるタイプの自家製マヨネーズも「ふきや」の魅力です。

「ふきや」のお好み焼きはとにかく重いんです。それが賛否両論あるんですが、好きな人はめちゃめちゃ好きです。全部たべれないから嫌だなんて人もいます。

重さがヘビー級

普通お好み焼きってふわふわ感とか大事にするじゃないですか?でも「ふきや」のお好み焼きは明らかに店員さんガンガン押しつぶして空気抜いてます。サイズは普通なんですが、密度が違います。

IMG_7852

がっしり詰まってます。味はもちろん美味しいですよ。どちらかと言えば関西風ですが、重いお好み焼きと自家製マヨネーズで「ふきや」風と言う食べ物だと思ってもらったほうがいいと思います。

 

ふきやの歴史

ふきやの歴史は、いまは亡き先代が「みんなに安くていっぱい食べてもらいたいお店をつくりたい」という理由からで直方からなけなしのお金で福岡にやって来た所から始まっているそうです。福ビルのふきやなんて働いている従業員さんが全員職人さんのような雰囲気を出しててそれだけでも行く価値あり!です。学生時代から通ってますが、パンチがあるお好み焼きは今でも美味しくいただいています。

まとめ

福岡県外の人にもたべて欲しいオススメB級グルメです。食べていただくと絶対にネタになります。福岡のお好み焼きは重いことを感じていただきたいですね。もちろん味も大好きです。学生のころから通ってます。久しぶりに行きましたが、食べてから3時間半たった今でもお腹にずっしりきてます。

[ホームページ製作] dilection

カスタマイズサイトやオリジナルサイトの製作をしています。個人や小規模のサイトから中規模サイトの運営の相談まで受付しています。

[ホームページプラスデザイン] service

初期費用0円からスタートできる総合デザインの定額プランです。webやデザイン担当者を雇うより圧倒的なコスパと質です。

[プライベートレッスン] school

Wordpress、HTML5、CSS3でのWebサイト運営のプライベートレッスンから数人から十数人までのSchool、Kidsプログラミングスクールまで。