MacbookAirの電源が、突然つかなくなってしまった!!って時の対処方法ありますのであわてずに!

先日、数年間使い続けても何不自由なくすごして来たMacbookairがいきなり電源がつかない!

「どうしよ〜」

となってしまったのです。

「とりあえずアップルに電話しようかな」

「アップルストアにいきなり持って行こうかな」

とパニック気味になっていたのですが、そんな時こそあわてず深呼吸。とりあえず検索してみよう!と言うことで検索してみたところ、案外自分でできる方法があってビックリ!!やっぱりあわてちゃダメですね。いつもなら何かあったら「とりあえず検索」は身についていたはずなのですが、あわてるとそんなことも気づかなくなっちゃうものですね。

人って大事な物や大事な人のことになると普段当たり前にできてるようなことができなくなっちゃうものです。

さて、全く電源がはいらなくなってしまったMacbookAirを救出するために僕がやったことは、まずはコレ!

いろんなサイトにまずはコレをしなさい!と書いていた方法です。

Macが起動しない時の対処法(1)「PRAMリセット」

Macに何かしらの問題が発生したら、Appleに電話したとしてもとりあえずこれをやれと言われるようです。「PRAMリセット」です。よくわからないのですが「Macの設定を記憶しているPRAMを一度リセットしてみましょう」という操作になるようです。その場合、データはどうなるの?とかふと頭をよぎりましたが、ピンチすぎてそれよりもこれで動いてくれ!と思う心の方が大きく特に深く調べもせずに「PRAMリセット」をやることにしました。

リセット方法は以下の通りです。

PRAMリセットの方法

  1. Macを終了する
  2. 「Option + command + P + R」のキーを押したまま電源を入れます
  3. 「ジャーン」というMacの起動音が2度鳴るまでキーを押し続け、2度起動音を確認したら放します

参考 Apple サポート

男子ハック」より

まず、このボタンを押すのが大変。すごい無理しないと届かない姿勢なんです。こんなボタンの押し方であってるの?と不安になる方!安心してください。おそらくたまたま押しちゃうことがないように変な押し方をさせられてると思うので心配ありません。

あわてず「Option + command + P + R」を押しっぱなしにしてそのまま電源ボタンを押しっぱなしにしてください。ぼくの場合、ちょっと何もならないなと思い始めた時にジャーンが聞こえました。そしてその後しばらく待ってると2回目の「ジャーン」が。無事に復活しました。

今回紹介した「男子ハック」さんの記事で復活しない時にする7つの方法みたいな感じで記事が掲載されてて1個目で無事電源がついたのでとてもホッとしましたし、データとかに何か不都合があるわけでもないようで一安心。普通に立ち上がりました。よかったです。

この方法で治らなかった方は、他に7つも方法があるみたいなので「男子ハック」さんより見られて対応してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。