福岡市南区長住のケーキ屋「LA VIE DE GÁTEAU」潜入レポート

BLOG
福岡友だち作り交流会ARRIVO

友人が福岡市南区に「ケーキ屋さん」をオープンします。デザインとWEB関係の仕事と相談でオープン前のお店に潜入させていただきました。オーナーさんはぼくと同い年の36歳の男性です。

福岡市南区長住1-1-57

「LA VIE DE GÁTEAU」(ラヴィドゥガトー)

2016年2月13日オープン

昔からの友人でしばらくフランスにパティシエの修行に行ってたところまでは知ってたんですけど福岡に戻って来てお店をだすこと決めたと聞くと嬉しくなりますね。

LA VIE DE GATOUいちごのショートケーキ

2/9追記:ショップカードを作ったので様子見兼ねて顔を出したら、試作中のショートケーキをいただきました。

久しぶりに再会して話を聞くと、どうやらフランスで修行した後東京でパティシエをしていたようです。

東京でお店をオープンさせる道もあったと思うんです。気になったので聞いてみると「ずっと地元でお店をだしたかった」みたいです。

お店の近くでお昼を食べながら仕事の話の前にお互いの近況報告会をしました。夢を形にするタイミングで会う友人は輝いてていいですね。できる限り応援できたらいいなと思います。

ご飯の後、お店に移動して一通り見せていただきました。こんな機会めったにないので楽しみです。

第一回「Pâtisserie LA VIE DE GÁTEAU」潜入レポ

内装も一から全てやり直すとのことで完全スケルトンの店内へ。

■お店の入り口と店内はこんな感じ

遭遇した工事の方もとてもいい方で安心して任せることができると言われてました。本当に何もない店内でしたが、完成予想図を説明してくれた姿はやっぱり輝いてました。

■キッチンにも潜入させていただきました。

まだほとんど機材が入ってない中一際存在感のあるビッグなものがありました。すっごいこだわり抜いた業務用の冷蔵庫みたいです。ドイツ製のこだわりの機能を熱く語ってくれました。急速冷凍で瞬時にマイナス30度以上にできるので鮮度が違うみたいです。値段もびっくり価格で高級車数台分の金額がするそうです。こういうこだわりをしてくれるのは買う側からすると嬉しいですよね。あっ、盗みに来ないでくださいね。

第二回「Pâtisserie LA VIE DE GÁTEAU」潜入レポ

オープン10日前に再度打ち合わせの為お店を訪れると店内がだいぶ出来上がってました。ぼくの写真の腕がイマイチなのが残念すぎますが、いい感じの空間でした。お店の入り口も前はなかった重厚感のあるドアがオシャレです。いざ店内へ。目の前にショーケース。早くケーキが並んでるのがみたいですね。近所の人にくつろいでもらえるようにと作られたイートインスペースが何とも雰囲気があります。この記事もずうずうしくイートインスペースで執筆したんですけど新鮮ではかどりますね。今回もキッチンまで潜入させていただきました。何度もいいますが、早くケーキが食べたいですね。今度ケーキ食べてレポートします。

■お店の入り口はこんな感じ

 

■店内の様子

 

■トイレも出来上がっていました。

途中経過

一人の人間の夢と希望がつまった初めてのお店ができるまでの過程を見れる体験はとてもいい体験でした。まだケーキを食べることはできていませんので、美味しいかどうかのはお伝えできませんが、今日ぼくがいる間も業者さんと真剣に材料の話とかをしている姿を見ていてとても楽しみになりました。2月10日のオープンが待ち遠しいです。先に食べさせてくれないかなw

第三回「Pâtisserie LA VIE DE GÁTEAU」潜入レポ

追記:2/9ギャラリー追加します。ショップカードを渡しに行った時の写真です。店内に入るとケーキ屋さんの甘い香りが漂って来てて、夜11:30にもかかわらず準備に追われていました。オープン前の追い込みワクワクします。試作品のショートケーキをいただく幸運がありましたので、ショップカードを挿して写真撮影しました。

■ギャラリー

第四回オープン当日潜入レポ

オープン二日目に潜入しました。訪れた時にも数組お客さんがいました。少し待って駐車してお店へ。オープンっていいですね。花がいっぱい飾ってあります。やっとケーキが並んでるところが見れました。結構売れてて並んでないところもありましたがとりあえずケーキを7つとダックワースを買って帰りました。

■オープン時のギャラリー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました