レッドネックシッパー mayson jarBall

お気に入りのマグを紹介します。

メイソンジャーマグ

Ball社のメイソンジャーマグです。アメリカで100年以上もの歴史を持つ缶の製造会社のBall社が1858年に考案した保存用の容器なんですが、フタが二重構造になっているという日本では馴染みのうすい構造になっているのですが、保存容器としてはもちろんアルコールランプに出来たりノスタルジックな雰囲気の照明にDIY出来たりととても実用性が高くしかもレトロ感がたまらないんです。

そんなジャーマグを珈琲マグとして愛用しているのですが、正直愛着がはんぱ無いんです。僕の性格が雑ですぐに物をこぼす、壊すでも好きなものへのこだわりが強いと面倒な性格なんですが、そんな性格にドンピシャな珈琲マグなんです。

オススメの使い方は、まず氷を詰めたマグの中に濃いめの珈琲を入れて全力でかき混ぜるだけです。元々保存容器の為口が狭くなっているので強めにかき混ぜてもこぼれないので珈琲をかき混ぜる時にいつもいつも少しこぼしてしまう僕には手放せない逸品です。取手付きもあるのでその内狙ってます。

後冒頭で説明したノスタルジックな雰囲気の照明も部屋の改装が終わり次第DIY予定です。ふっふっふ楽しみです。

メイソンジャーのDIY活用方法(照明も有り)はコチラで紹介されてます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。