直火式エスプレッソメーカー(macchinetta)

直火式エスプレッソメーカー(モカエキスプレス)

字面と響きだけでたまりません。

珈琲の道を始めるきっかけとなった、カリタダイヤミルと同様

珈琲の初期にはまったgearです。もうかれこれ数年はお世話になってます。ビアレッティ社のモカエキスプレスです。アルミニウム製で買ったばかりの時は、3〜5杯程度飲まずに捨ててアルム臭さをとってあげる必要があるとてもカワイイやつです。使い込む毎に自分だけのオリジナル珈琲gearへと成長をとげてくれるので使いはじめると手放せなくなります。

IMG_4551

まだまだおいしく淹れる事はできないのですが、たまに濃くて苦い「モカ」を飲みたい時や、濃くて癖のあるカフェオレを飲みたい時に使います。

直火式なのでガスコンロが似合います。ウチのキッチンの真ん中に居座っているカリモクの一人がけソファーで死んだようにぼーっとしながら、ガスコンロでモカエキスプレスで濃い「モカ」に砂糖をたっぷり入れて飲んで身体と心を目覚めさせるそんな使い方をしています。

IMG_4550

スピード社会、もっともっとの世界をやめてスローな社会へ!とまでは行きませんが、向かうベクトルを1つ変えると面白いことが見えてくるのではとか考えながら濃い珈琲を飲んでいます。僕自身、根底にあるもっともっとの気持ちは大量消費の生活。新品や新しいものに価値があると信じていた時と根本の欲求は変わっていませんが、使い込む楽しさ。一つ一つのモノに深みと物語を与え自分だけのオリジナルに仕上げていく方向性に舵をきるキッカケづくりとなったアイテムの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。