「嫌われる勇気」続編「幸せになる勇気」相手が自分のことをどう思っているかなど関係なしに、ただ愛する

「嫌われる勇気」続編!「幸せになる勇気」読み終わりました。自分のまとめのためにも、気になったワードから思いつくことを記事にして行きたいと思います。

「相手が自分のことをどう思っているかなど関係なしに、ただ愛する」

恋愛に限らず、仲間や仕事など全てにおいての話なのですが、かなり勇気がいるなぁと。これとも同じ話なのかなとも思います。「信用と信頼の違い」信用は条件付き、信頼は相手がどうであれ信頼する。自分がそう決めたから。確かにそうできればアドラーの言うように世の中はシンプルになります。が、そうは行かないものです。昨年のいつからかは忘れましたが、ずっと意識して行動してはいるんです。できている箇所もありますが、全然できていないこともあります。気がついたら元の自分に戻ってたというパターンもありますし、わかっててもダメージが大きすぎてなかなかうまくいかなかったり。

旧約聖書「汝の隣人を、汝みずからの如く愛せよ」

旧約聖書「汝の隣人を、汝みずからの如く愛せよ」は「自分を愛することができなければ、他者を愛することもできない。自分を信じることができなければ、他者を信じることもできない。」というところまで含んでいる。自己中心的な人は「自分のことが好き」だから、自分ばかり見ているのではなく、「ありのままの自分を受け入れることができず、絶え間なき不安にさらされているからこそ、自分にしか関心が向かない」のだそうです。耳が痛いといいますか。いろいろ痛いですがw

個人的には、自己中心的な人が自分を好きではないというのがとてもわかりやすいなと思いました。ぼく自身、一度絶え間なき不安に陥ったことがあるからかも知れません。まぁいいことないですよね〜。

「嫌われる勇気」で十分に内容は伝わるのですが、「幸せになる勇気」は理解を深めここの解釈がずれてたのかな?ということが分かるような気がします。嫌われる勇気ドラマにもなっていますね!何度も何度も読み返していろんな線で読みにくくなってます。良書です。ぜひぜひどちらも読まれてみてください。

[ホームページ製作] dilection

カスタマイズサイトやオリジナルサイトの製作をしています。個人や小規模のサイトから中規模サイトの運営の相談まで受付しています。

[ホームページプラスデザイン] service

初期費用0円からスタートできる総合デザインの定額プランです。webやデザイン担当者を雇うより圧倒的なコスパと質です。

[プライベートレッスン] school

Wordpress、HTML5、CSS3でのWebサイト運営のプライベートレッスンから数人から十数人までのSchool、Kidsプログラミングスクールまで。