税金と二極化!消費税10%で給料1ヶ月分が無しに!収入を増やすことは必須

税金があがると二極化が進みます。

実は税金どうこう関係なく資本主義というルールがある以上必ず最後は二極化が極まって行くのですが。

月額20万円の手取りがあり貯蓄をしない人を例に消費税が与える影響を計算すると

消費税8%で、1.6万円

1.6万円×12ヶ月で19.2万円

消費税10%で、2万円

2万円×12ヶ月で20万円

「なんと!」まるまる1ヶ月分の給料は消費税に払っているのです!

結構ショッキングな数字じゃないですか?何を買おうと一緒です。消費税ですから全ての物にかかります。

今後、22%まで消費税は上がり続けるといった意見もあります。

消費税をあげないと国がやばいと言う方もいます。ある方が言っていたのですが、

  • 消費税が10%で据え置かれた場合⇒2022~2025年に破綻する可能性大
  • 2020年までに消費税が15%に上がった場合⇒2025~2030年に破綻する可能性アリ
  • 2025年までに消費税が20%以上に上がった場合⇒ほぼ破綻は免れる

という試算をしている方もいるくらいです。

今後様々な課税が検討されています。

  • 税金アップ
  • 医療費アップ
  • 収入ダウン
  • 配偶者控除無しに

これはすぐそこにある未来です。

法人税は引き下がりますので企業は優遇されて行きます。

ぱっとみ不満な内容ですが、法人税を下げないと企業が海外へ出て行ってしまうので法人税は下げる方がいいとも言われていますが、二極化の流れが加速することだけは間違いありません。

誰がどうしなくても資本主義と言うルール上こうやって二極化は必ず進んで行くのです。今までの日本が総中流でどうにかがんばってきたと言ってもいいのではないか思います。

資本主義はトーナメント

資本主義はトーナメント戦だ!と言われることがありますが、近年露骨になってきたように思います。国の垣根をネット上で超えてしまってからはさらに露骨なトーナメントが行われているように見えます。

トーナメントが行われるとどこの分野でも必ず一位の一人勝ちになります。

収入を増やすことは必須なので、副業や複業といったことが当たり前のことになっていくのですが、選ぶことができる立場の人であれば必ずその分野の一位と関わるようにしていくことが大事です。

みんなで手をつないでいる時代から、みんなで手をつないでいるとみんなで沈没して行く時代へと突入しています。気づいた人がどんどん情報を取りに行き先に収入を増やすモデルを作ることで周りの人へも伝染して行くのです。はっと思われた方はあなたから収入を増やす手段を考えて行く時代です。