インバウンドマーケティングとはちゃんと人と人として関係性を作って行くこと

インバウンドマーケティング WEB
福岡友だち作り交流会ARRIVO

インバウンドマーケティングって聞いたことありますか?

まだまだ聞き慣れない言葉かもしれませんが、簡単に言うと、興味のある人は自分で検索をしたりSNSで調べてくれますよ、と言うことで「見つけてもらう」ことを目的にしたマーケティング活動のことです。

SNSを活用されている方が普段していることと捉えてもいいかも知れません。

インバウンドマーケティングが流行ると個人にはいいことばかり!

具体的には見込客に対して有益なコンテンツをネット上で提供し、検索結果およびソーシャルメディアにて「見つけられ」やすくし、自社のサイトに来てもらいやすくしていくものです。

つまり広告にお金をかけるよりもとても役にたつ情報をちゃんと発信して検索結果からもSNSからも見に来てもらいましょうと言うことです。

ちゃんと個人と向き合うことが大事

インバウンドマーケティングでは、ちゃんと個人個人と向き合って関係性を作ることが大事になります。つまり今までアウトバウンドマーケティングをして来た人とは考え方が根本的に違います。今の時代企業よりも影響力を持っている個人はとても多いですし、企業より情報をたくさん持っている個人もとても多いです。

ちゃんと人と人とのコミュニケーションをとれる個人や小さな会社にとっていい時代になる流れは今後も加速していくのではないでしょうか。どんどんいい時代になります。

具体的な方法!

  • インバウンドマーケティングではブログ型サイトの活用が効果大であることを知る
  • SNSでのいい情報はブログにも書いておくことで検索からも人が来てくれるようにする。
  • SNSでのいい情報がその場限りで流れていかないようにブログに書いておくことにする。
  • ブログ型サイトに来てくれるようにすることでその情報の背景にあることや他の情報にも触れてもらえるようにする。
  • ブログ型サイトをいろんな媒体から集まってくる基地の役割とする
  • ブログ型サイトに有益な情報を正しく書いた上で、それぞれの媒体に合った形で情報を編集するようにする

まとめ

時代の流れから検索だけではなく、SNS、twitter、Instagram、メルマガなどなどいろんな形での関わり方ができるようになって来ました。そして必然的にどこか集約できる所ないの?と言うことで、ブログ型のWEBサイトが注目されるようになって来ました。そして距離感の近いサービスができるようになりました。「消費者」とかマーケティングとかの言葉ではなくて人と人としていい関係を作ることと言う基本がそこにはあるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました