さくらインターネット内での覚書

このサイトはさくらインターネットではなくエックスサーバーで運用しています。以前はさくらインターネットを使っていたのですが、エックスサーバーに引っ越しをしたタイプです。

今回さくらインターネット内での覚書を作成する理由は仕事上で使う事になったからです。さくらインターネット内での引っ越しは以前した事があるのである程度の事は理解できているのですが、もう一度きちんとまとめておきたくて作成する事にしました。



仕事がら個人事業主の方や小規模の会社や団体のホームページを含むWEB戦略を引き受ける事が多くあります。看板程度でホームページを作られたい方から自分たちで運用してサイトからの集客に成功している方まで様々ですが、サーバーに関しては必ず「さくらインターネット」か「エックスサーバー」を進めるようにしています。理由は複数あるのですが、「絶対的に圧倒的な理由」があります。

さくらインターネットかエックスサーバーを進める絶対的に圧倒的な理由

それは、たくさんの方が使っているからです。「圧倒的な多数派」なんです。インターネットの世界ではロングテールに代表されるようにマイノリティ(少数派)でも有利にビジネスができるものです。それとは関係なくレンタルサーバーは絶対に多数派がいいのです。そして、個人事業の方が多く使っているのもポイントです。その理由は何か困った時に検索すればすごくたくさんの手助けとなる情報が簡単に見つかる事です。自分と同じくらいの知識の人がどうにかしたくてあの手この手を使って見つけて来た情報を教えてくれるサイトがすごく多く存在しているのです。専門的な「???」な情報ではないのでものすごくありがたいのです。

さくらインターネット内でのプラン変更

本題に入りますね。さくらインターネット内でのプラン変更について。さくらインターネットではプラン変更の場合にドメインの削除・追加と言う設定をする必要があるようです。

ドメインの移動とは?

ドメイン情報を削除して追加。そしてデータの移動という三段階で作業をする必要があるそうです。その辺が少し面倒ですね。注意点としては第一段階のドメイン情報の削除してすぐに新プランへのドメインの追加ができないということです。一度待ち時間が発生してしまうという事ですね。もちろん他のドメインを使用する場合は問題ありませんが、通常引っ越しの場合同じドメインを使うので削除して新プランへ追加の時は時間に気をつける必要があります。

さくらインターネット内でのサーバー移行の事前準備

事前準備として、新サーバーの申し込みを済ませて置く必要があります。新サーバーが稼働し始めてから始めて引っ越しができるのです。不動産の引っ越しと同じように考えるとわかりやすいと思います。引っ越し先の契約を済ませた後に引っ越し屋さんを呼ばれるのと同じですね。

さくらインターネット内でのWordPressのサーバー移行の5STEP

  1. 今まで使っていたサーバーからデータをダウンロードして置く
  2. 今まで使っていたサーバーのドメイン設定を削除する
  3. 新しく使うサーバーにドメインを追加する
  4. 新しく使うサーバーにWordPressをインストールする
  5. ダウンロードデータ内のwp-confud.phpファイルを編集する
  6. 新しいサーバーにデータをアップロードする

今まで使っていたサーバーからWordPressデータを「2つ」ダウンロード

WordPressのデータを引っ越しする場合2つのデータをダウンロードして置く必要があります。

  • サーバー上のデータ
  • データベース上のデータ

の二つです。WordPressはデータベースを使ったホームページソフトなので、通常のサーバー上にあるデータだけの引っ越しではなくデータベース上のデータも引っ越しに必要なのです。

サーバー上のデータのダウンロード

  • WordPressの本体のデータ
  • プラグイン
  • メディアファイル(アップロードした写真などの静止画や動画)
  • etc

FTPソフトやサーバーコントロールパネルからダウンロードやアップロードができるデータです。

さくらインターネットでサーバコントロールパネルへログインすると左側にあるメニューの中に「運用に便利なツール」という項目があります。この項目の中の「ファイルマネージャー」に入りダウンロードし新サーバーへアップロードすればいいのです。注意点は一括アップロードができなくなっている点です。なのでFTPソフトを使ってのアップロードの方がよいかと思います。

データベース上のデータのダウンロード

データベース上のデータとは、主にWordPressの記事データなどのWordPress上でのデータを指します。

  • 投稿データ
  • 固定ページデータ
  • カテゴリデータ
  • コメント
  • 管理画面の設定情報
  • etc

データベース上のデータは「phpMyadmin」からダウンロードします。phpMyadminはさくらインターネット内でのWordPress設定時にデータベースの設定を行っていただいたと思うのですが、そのデータになります。そう言えばうっすら記憶が!程度の方が多いですが一度みていただくとあれか!と思い出していただけるかと思います。

こちらもさくらインターネットのサーバコントロールパネルにログインしてから行います。サーバコントロールパネルにログインし先ほどと同じ左メニュー内に「アプリケーションの設定」と言う項目があります。その中に「データベースの設定」がありますのでこちらから「phpmyadmin」へ入る事ができます。

phpMyadminにログインし、エクスポート&インポートします。

さくらインターネットのサーバコントロールパネルにログインし、左メニューの「アプリケーションの設定」⇒「データベースの設定」に入ります。

そこからデータベース一覧の中の「管理ツール ログイン」を押し「phpmyadminログイン画面」からログインし対象データをダウンロードすればダウンロード完了です。

この二つの手順で「サーバーデータのダウンロード」と「データーベースデータのダウンロード」をします。

今まで使っていたサーバーからドメインを削除する

新しいサーバーが開始している事を確認してくださいね。

確認が終わりましたら、今まで使っていたサーバーからドメインを削除する設定をします。こちらもサーバコントロールパネルにログインしてから行います。

サーバコントロールパネルの左側のメニューにあるドメイン設定の項目から「ドメイン/SSL設定」に入ります。

ドメイン一覧画面が出てきますので、対象ドメインの右側にある「削除ボタン」で削除します。

注意点としては「削除すると最大2時間ドメインが使えなくなる」そうです。タイミングによって時間はまちまちかと思いますが、時間を確保してから引っ越しをされることをオススメします。

新しいサーバーにドメイン登録をする

新サーバーにドメインを追加登録します。今回はさくらインターネットからさくらインターネットへのドメインの移動です。さくらインターネットのドメイン設定もサーバコントロールパネルから行います。

先ほどのドメイン削除と同じ「ドメイン設定」の項目にある「ドメイン/SSL設定」から新しいドメインの追加を行います。

「さくらインターネットで取得したドメインを使う」から選んで送信を押すと決定します。

ドメインの利用(さくらインターネット公式サイト)

からさくらインターネット内の公式サイト情報がありますのでこちらもご確認ください。

準備完了!アップロードその前に【重要】wp-config.phpファイルを編集する

データの準備が整って、ドメインの削除・追加も行っていただくとアップロードの準備は完了なのですが、その前に一つファイルの編集が必要になります。ここだけはパソコン語で書かれてるのでわかりにくい人にはわかりにくいところなのですが、やることはそんなに難しくはないです。

先ほど「データダウンロード」のところでダウンロードしたファイルの中にwp-config.phpと言うファイルが入っています。こちらが今まで使っていたサーバー情報になっているのでこのままでは使えません。これを新しいサーバーの情報に手動で書き換えてあげる必要があります。

/** WordPressのためのデータベース名*/

define('DB_NAME','datebase_name');

/** MySQL データベースのユーザ名 */

define('DB_USER','username');

/** MySQL データベースのパスワード */

define('DB_PASSWORD', 'database_password');

/** MySQL データベースのホスト名 */

define('DB_HOST', 'mysqlxxx.db.sakura.ne.jp');

の4箇所の変更です。

今まで使っていたサーバーの情報になっているので、さくらインターネットのサーバコントロールパネルからログインして「アプリケーションの設定」項目の中の「データベースの設定」から新しいサーバ内のデータベース名・ユーザー名・ホスト名の3箇所がわかります。

こちらもサーバコントロールパネルにログイン⇒「データベースの設定」ページを開くと自分のデータベース名やユーザー名、ホスト名が分かります。データベースパスワードもこちらにあるのですが表示されていないのでデータベースを作った際のパスワードを入れていただければ大丈夫です。

新しいサーバーにサーバーのデータとデータベースのデータをアップロード

サーバーのデータのアップデート

ダウンロードした全てのファイルをFTPソフトを使ってアップロードします。アップロードの際に先ほど変更いただいたwp-config.phpになっているかのチェックをお願いします。こちらも容量によっては時間がかかる場合も多くありますのでお時間がある時に接続の環境がいい場所でアップロードしていただくことをオススメします。

データベースのデータのアップロード

サーバコントロールパネルのデータベースの設定から「phpMyAdmin」にログインします。「phpMyadmin」にアップロードするのは「インポート」になります。

インポートボタンを押して、ダウンロードしておいたデータベースのデータをインポートしてください。

最後に必ずサイトチェック

アップロードが終わりましたら必ずWEBサイトのチェックをお願いします。WEBサイトをチェックしていただいて問題がない事を確認したら引っ越し完了です。

なかなか大変ですね。最後に、僕は引っ越しの観点からも管理画面の使いやすさからもあまり詳しくない方には特にさくらインターネットよりエックスサーバーをオススメしています。エックスサーバーだとそもそもそうそう引っ越しする事もないからですね。引っ越しするくらいの規模になった時は専門でされてる方にお願いしてもいいくらいの収益規模になっているでしょうしね。ただ、さくらインターネットには安いプランがある事や認知度の高さから使われている方も多いので引っ越しの際の参考になればと思います。

 

おすすめの記事