月火水木金土日「曜日」の不思議と「曜日」が出来た理由アレコレ

曜日って何で月火水木金土日なの?って最近いろいろ調べることがあったのでまとめてみました。

正確には、日曜が始まりなので「日月火水木金土」が正しいですね。

一週間が7日の起源はエジプトとメソポタミアにあり

何で、月火水木金土日という漢字を使うのか、そもそもなぜ7日なの?とか考えると気になる所はたくさんあるのでその辺から行きましょう。

古代エジプトで天文学に注目

古代エジプトでは星の動きをすごく研究されていたんです。何で星の動き?って思いません?

「ナイル川がすごい氾濫するのでどうにか氾濫する時期が知りたい!」と言う理由で、暦と天文学が発達したと言われているのです。太陽と月はもちろん、火星、土星、木星、水星、金星の動きにも注目されてたんです。

メソポタミアでは月に注目!「週」のはじまり!?

エジプトに文明が発達してきた時と同じ時期にメソポタミアにも文明が生まれるのですが、メソポタミアで重視されたのが、「一月」つまり一ヶ月って概念だったのです。月の周期を見てたってことなのですが、30日は長すぎるのでもうちょっと短くしようよということで見ていった所、新月と満月があるじゃない〜。もうちょっと短く!ってことで、「新月から上弦の月」「上弦の月から満月」「満月から下弦の月」「下弦の月から新月」という4つに区切って文明を発達させてたわけです。そのうちだんだん形式になってくるのはどこの世界も同じで単純に7日の繰り返しになって来たのが「一週」つまり一週間という単位の始まりだったのです。

何かメソポタミアで7日周期って概念あるらしいよ!ってエジプトに伝わった時に、えっ!7って!惑星の数と一緒じゃんってなったので惑星に当てはめたのが曜日のきっかけみたいです。

実はもともと週の始まりは土曜

ちなみにエジプトでは「土日月火水木金」という暦で土曜が週の始まりだったんです。これは、地球から遠い順!って考え方で土星、木星、火星、太陽、金星、水星、月という順番で地球から遠いと思われていたのプラス、1時間ごとに見てたのです。この辺が少し複雑なのですが、1日目の午前一時が土星が支配する時間とされて、1日目の午前二時が木星が支配する時間、1日目の午前3時が火星が支配する時間。。。そうみると、2日目の午前一時に当たるのが、「太陽(日)」。3日目の午前一時に当たるのが「月」とやっていくと「土日月火水木金」が出来上がったみたいなのです。

もうこの辺で相当おもしろいのですが、ここからさらに面白いです。何で土曜始まりが日曜始まりになったの?って気になりませんか?

週のはじめが日曜になったのはモーセ!?

モーゼの十戒って映画を知ってる人はわかりやすいと思いますが古代エジプトではユダヤ人が嫌われてて、ユダヤ人の男の子は殺しなさいみたいな教えがあったんです。殺したくないと思って川に流されたモーゼは王族(ファラオ)の娘に拾われて王家の子として育てられるのですが、ある日知ってしまうんです。「俺はユダヤ人なんだ!!」それがきっかけで、いじめられてたユダヤ人を助けるのですが、その時にエジプト人を殺してしまって逃亡することに。逃亡先で神の声を聞いたんです。「エジプトに帰り、イスラエルの民を救え。そして、約束の地カナンに連れて行くように」モーゼも動かざるを得ないです。エジプトに戻ってカナンに連れてくんですって!って言っても聞いてくれないので、十の災害をエジプトに。これはたまらんとカナンに連れてっていいよ!となり200万人連れていくんですが、やっぱり許せん!て軍隊を使って追っかけたのです。そこで有名な海を二つに割って移動することになるんですが、ようやくここで「曜日」の話です。エジプト許すまじ 、エジプト人の大事にしてた土曜を週の最後に追いやって日曜を週の始めとしたと言われているんです。

漢字で日月火水木金土になったのはやっぱり中国

中国では五行説というのがあります。世の中の全ての現象を「木火土金水」の5つに当てはめる考え方です。万物は全て5つの元素で出来ている。そしてその5つは互いに影響を与え合っている。という考え方です。ここでインドに話が行くのですが、インドに不空というお坊さんがいてその人がインド西部(おそらくメソポタミアじゃないかな)から7日周期の話を中国に持ってきて、中国に当てはめると、「日月火水木金土」になるよね〜ってことで漢字が当てられたみたいです。それを歴史のちょー有名人の空海が日本に持って来て使ってると言う訳なのです。

中国は七曜は使ってないのよ〜

しかも中国では今は七曜は使われてなくて星期で表します。

月曜日→星期一  火曜日→星期二  水曜日→星期三 木曜日→星期四  金曜日→星期五  土曜日→星期六 日曜日→星期天

意味深!陰陽五行と七曜の関係

五行論の他に陰陽論という考え方があります。こちらは万物を陰と陽の二つに分ける考え方です。合わせて陰陽五行などと言ったりもします。太陽は陽にあたり、月は陰に当たります。なので、日(陽)月〜金(五行)土(陰)と見ることもできるのです。

まとめ

何気に使ってる曜日も掘っていくとこんなに面白い起源があるんですね〜。ふか〜い。ちなみに英語の曜日は北欧の神々やローマ、ギリシャの神が起源となっているのですが、そこにも由来が惑星だったりするのでさらに深く調べるとその辺も解き明かされるのかも知れませんね。いろんな所で日常のネタとして使えそうです。