「自分がズレてることに気づかないで失敗した〜」後からあの時の失敗に気づく理由と5つの解決方法

「あの時ズレてたな!だから失敗したんだ!何であの時に気づけなかったんだろう」

みたいなことありませんか?

最近みじかで統計とってまして、いろんな人に聞いてみたのですが、そういう経験がある人とっても多いみたいです。

何でズレちゃった時に気づけないのでしょうか。「ズレてる自分に気づけないのか」を説明すると喜ばれることが多いので書いておきます。

ズレていることには自分では気づけないことを知る

自分がズレている時って、縦軸も横軸も同時にズレちゃうので気づけないのです。

縦軸だけズレてれば自分でズレてるなって気づくことができるんですが、横軸までずれちゃってるから、自分では垂直のまま、つまりその時は自分で自分のことを見たとしてもズレてないって感じちゃうんです。

「自分で自分のことをズレてるかどうかチェックするのは不可能」ということなんです。

じゃぁどうやって自分がズレてることに気付いたらいいのよ!

っていうことなんですが、自分以外の所にズレを感じれるものを持っておくと自分のズレに気づくことができるんです。

ズレてることを失敗する前に気づく5つの方法

人に会いに行く

尊敬してる人に会いに行くことだったり、友人に会いに行くことのような「人」も基準になります。月に一回くらいこの人に会っておきたいみたいな人とかもいたりすると思うんです。そういう人と話をするのもズレを戻すきっかけになります。

ルーティーンを作る

スポーツの世界とかだと、ルーティーンと呼ばれる「いつも同じ繰り返し」の作業を取り入れてる方が多くいるのですが、これも自分の軸がズレていないことを確認することにもなります。いつものルーティーンの最中に感じる自分の違和感から何かズレてるかもな?ってわかるんです。

いつでも戻れる映画や本を持っておく

戻ってこれる映画を持つことも効果的です。この映画見たらいつものあの気分に戻れる!初心を思い出せる。みたいな映画は軸がズレてることを気づかせてくれたりします。

神社のパワー

ついたち参りをする。神社へ毎月1日にお参りに行く朔日参りという風習があります。ルーティーンの一種でもあると思いますが、神社にはそれを超えたパワーがあることも事実です。ついたち参りだけに限らず定期的に神社へお参りに行くこと¥も軸を戻すきっかけになったりします。

瞑想をする

瞑想は自分と向き合うからズレに気づけないと思いがちですが、何も考えずただ大きく自分を感じるという行為は無意識のうちにズレないようにしてくれるものです。瞑想する時のポイントは、「何も考えずにいることです」そうすることにより自分のチューニングができるとも言えます。自分の中ではなく宇宙や無意識と言った自分以外のことを活用するための方法とも言えるのではないでしょうか。

まとめ

自分の軸って案外ズレやすいものです。まずはズレやすいと言うことを自分で知っておくこと!そして、ズレていることには自分では気づけないということを知っておくこと!この2点を知っておくことで常に自分らしくいられるのではないでしょうか。自分が目指す自分になる為に、目標を見失わない為にとても大事なことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。