【ダイエット企画第四話】栄養の仕組みの勉強タンパク質について

第一話でもいいましたが自分史上最大のサイズでさすがにビビったのでちゃんとダイエットをしようと思っています。何かあるたびにかこつけてダイエットとの関連を調べて行くことで正しい知識もついて痩せることができるんじゃないかと考えています。

そう考えた時に、すごく詳しくなくてもいいけど栄養学の基礎の基礎くらいちゃんと自分で理解して行くことが長い目で見た時の正しいダイエットにつながるんじゃないのかなと考えましたので最近栄養学を勉強し始めています。

なんとか知ってた五代栄養素

自分でもギリギリなんとか五大栄養素くらいは知っててよかったなって思っています。知ってますか?五大栄養素。

「タンパク質」「脂質」「炭水化物」「ミネラル」「ビタミン」

の五つで五大栄養素といいます。で、これは知らなかったんですけど、最近はさらに増えて八大栄養素っていうみたいです。加えられた三つはこれです。

「水」「食物繊維」「ファイトケミカル」

この三つを加えて八大栄養素になったみたいです。覚えるのが増えたな。でもしょうがないですね。健康的に痩せないといけないから。大体の知識は入ってると思い込んでるんです。

人間の体の60%は水だからいい水を飲まなきゃ行けないとか、食物繊維が糖の吸収を抑えて急激な血糖値の上昇を抑えるためにも食物繊維もとっとかないと行けないとか。そういうのはわかるんです。ただ、どこの世界でも一緒ですが途切れ途切れの知識だと流行りに流されてしまうものだと思っているんです。流行りに流されず本質を見抜いて必要なことを取り入れて行けるように正しい栄養知識ガンバリマス!!

八大栄養素はこれ、今日はタンパク質をまとめます

「タンパク質」「脂質」「炭水化物」「無機質」「ビタミン」「水」「食物繊維」「ファイトケミカル」

八大栄養素を簡単にまとめてみました。

タンパク質

タンパク質は筋肉・臓器・皮膚・毛髪・血液など人の体の大きな部分を構成している要素です。タンパク質の語源はプロテインでギリシャ語で「もっとも大切なもの」という意味があるみたいです。タンパク質は大きく分けると動物性タンパク質と植物性タンパク質に分かれていてタンパク質を食事から摂るときの目安となるのがアミノ酸スコアというものらしいです。アミノ酸スコアは主に必須アミノ酸が含まれている量から測ることができます。必須アミノ酸は9種類。そのうち一つでも100を超えていないものがあるとその数値がアミノ酸スコアになる。つまり、他の食材をプラスで食べることでアミノ酸スコアを100にする必要があるみたいです。動物性タンパク質は大体アミノ酸スコアが100を超えているみたいですが、、脂質なども多いみたいなのでダイエットには向かないかもしれません。

ということは、できるだけ植物性のものからタンパク質を補うことが健康的ダイエットへの道になるんじゃなかろうかと思います。

長くなってしまったので、次回以降で他の栄養素もまとめてみたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。