100社参り43社目!武雄神社のご神木は本当にすごくパワースポットだった

先日、武雄神社へ行きました。

武雄神社は佐賀県武雄市にある神社なのですが、ここには「樹齢3000年のご神木」があります。

行ったタイミング

ぼくがおとづれた時間がちょうど日が落ちる前だったこともあり、なんとも神秘的な場所で今まで見てきたパワースポットと呼ばれる場所と比べても場の力をとても強く感じすべてがすっきりしました。最高の場所です。

武雄神社自体もとても立派な神社で地元の人たちに大切にされているんだろうなと感じる場所でした。

武雄神社の左横からご神木への道があるのですが、その道を歩いている途中月がきれいに見えてとても幻想的でどこか別世界に迷い込んだような錯覚さえ覚えました。

行き着くとそこは森の中。少し進むとご神木の周りは他の木々がかからないようにされてあり存在感がとてもすごく一日の疲れがぶっ飛ぶ経験をさせてもらいました。

御由緒

『武雄神社本紀』によると、神功皇后が三韓征伐の帰途、武雄に兵船を止め、それが御船山に化したとあります。これにより同行していた住吉神と武内宿禰が御船山の南嶽(船の艫)に鎮座し創祀されました。
而して天平7年(735年)初代宮司 伴行頼に『吾は武内大臣である。艫には住吉神がおられ、艫嶽に祀られていても畏れ多く落着かないので、幸い軸嶽に自分を祀るならば、末永くこの地に幸福が訪れるであろう。』との神託がありました。行頼は太宰府を通じて朝廷に奏請し、武内宿禰を主神に、仲哀天皇、神功皇后、応神天皇、武雄心命を合祀し北麓に奉遷し武雄宮が創建されたと記されています。

スクリーンショット 2016-04-06 9.13.45

武雄神社より

■武雄神社ギャラリー

いい写真は撮れなかったのですが、せっかく行ったので追加しておきます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。