100社参り44社目!玉垂宮にて、4月14日熊本地震のお祈りを

先日、4.14熊本地震の翌日4月15日に福岡県久留米市にある玉垂宮へ行きました。

その日は「Webサイト×ブログ」の制作の仕事の為大木町へ行く途中でした。幸い久留米市には震災の影響はなかったようでそこには日常がありました。家にいるとどうしてもfacebookを見てしまうこともあり日常を感じることができる場面ではありませんでしたので何か不思議な感覚でした。

たまたま通りがかりにあった神社「玉垂宮」に縁を作る

IMG_9127

震災の影響ができる限り少なく済みますように。何か自分にできることをするつもりなのでいいアイデアが浮かびますようにというお願いをしました。

玉垂宮には大善寺と書いてありお寺なのかな?と思っていたのですが、神社としてお参りできました。どうやら、後からお寺になったとのことです。

国の重要無形民俗文化財で、日本三大火祭りの一つである鬼夜が行われる玉垂宮は玉垂命、八幡大神、住吉大神が祀られています。
神功皇后の三韓出兵に大功のあった藤大臣(高良大明神・玉垂命とも称す)が、ここで没したと言われ、天武天皇のころ、672年(白鳳元)三池長者師直が、玉垂宮の古跡に法相宗の僧安泰をして祭神を祀らせ、そばに1宇の精舎を開基して御廟院高法寺と号したのに始まるといわれます。
後に天台宗となり、814年(弘仁5)、殿堂、楼門、回廊など新たに建立し、善美を尽くしたので大善寺に改められました。
境内約1万5000平方メートル。
本殿、弊殿、拝殿、楼門、惣門、回廊、神輿殿、石鳥居、社務所のほか、鐘楼、阿弥陀堂があります。
社宝に「絹本著色玉垂宮縁起」2幅(重要文化財)があります。

久留米観光サイトほとめきの里久留米より

玉垂宮では、日本三大火祭りの一つに数えられるとともに、国の重要無形民俗文化財に指定されている「鬼夜」というお祭りが毎年1月7日に行われています。結構本格的なお祭りみたいなのでせっかくご縁がありまいしたので来年は訪れてみたいなと思ってます。

■玉垂宮ギャラリー

すごく整備されていて綺麗な神社です。すばらしいです☆

同じ九州は熊本、大分の震災です。まだまだどうなるかわかりません。本当に九州が一つになってすばやい復興をすることで「やっぱり九州すごいじゃん」となれば観光もすぐに復活するだろうし!がんばろう!!と心に誓いました。

この記事をあげたのは震災から少したってのことです。どうしてもなかなか記事にすることができず、また震災関係で動き回っていたこともあって忙しかったので後になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。