LOGOデザイン

デザイン

最近よくロゴを作っています。「お客さんへ向けてのロゴ」も好きなのですが、好き勝手に作るロゴというのも好きでたまにめいいっぱい作ったりするんです。

楽しい気楽な話の前にまじめな話も情報として入れておきます。

ロゴとは

何って考えないでどこでも見かけてどこでも浸透してるのがロゴです。最近はロゴが無いのがロゴ!見たいのもありかなとよく考えます。それくらいどこにでもロゴがあります。

硬い言葉で言うと企業が掲げる「理念」や「価値観」と言った大きな枠と「製品」や「サービス」をわかりやすく可視化したものです。

ロゴが必要な理由

  • ブランドイメージの確立
  • そもそも製品を認識してもらう
  • 繰り返し使ってもらえる為のファン作りの一貫
  • 話題性
  • 製品がってもブランド名忘れても「このロゴみたことある」の使い方

つまり名刺とかホームページとかと同じように看板だったりもするんです。

別に知る必要も無いけど雑学知りたい人や仕事にしたい人へ「ロゴの種類」のコーナー

ロゴは会社のロゴだけじゃありません。

  • 会社
  • 製品
  • サービス
  • 規格
  • 今期の我が社の方針

などなどあらゆるものに使われてます。目的はなんなん?って簡単に言うと

  • 「理念が伝わる」
  • 「会社内容が伝わる」
  • 「製品内容が伝わる」
  • 「品質の保証になる」
  • 「ロゴにファンがついて売れる」

さっきからずっとロゴって何でもなく何でもある!みたいな話になってますね。実際そうなんですけど、ちゃんとカテゴライズもしてみます。

一般的にはこの3つで分けられるよ

  • ロゴタイプ
  • シンボルマーク
  • ロゴマーク

ロゴタイプ

企業、製品、ブランドの名前を示す文字をデザインしたもの

シンボルマーク

理念や製品そのものの形、大工=ノコギリなどの道具を図形化デザインしたもの

3つと言ってますが、実際この二つです。

最後の一つロゴマークは合わせ技

ロゴマークはロゴタイプとシンボルマークを合わせてマークにしたものです。

どの場合でもどこでも使われます。

ここで仕事にする人や自分でつくっちゃう人へのワンポイントアドバイスです。

適当に好きなように作っちゃってもいいんですけど、どう使うの?を想像して作ると売れるます。クライアントさんがホームページだけに使いたい人と名刺にも看板にも窓にもとかどこまでにロゴマークを使いたいのかがとても重要です。

深みがあり選ばれやすく魅力的なロゴマークとはある程度のデザイン力もいりますが、それ以上に使う人がどこでどう使うのか。その時どんな感情が生まれたらいいのか。どう言ってもらう為にロゴを必要としているのかなどなど考えて行くとシンプルでもなんか深いよね〜みたいなロゴになりやすかったりするのです。

ヒアリング

名刺でもホームページでも看板でもチラシでもなんでも一緒なんですけどヒアリングとても大事ですね。どこまでクライアントさんの意図を汲み取る事ができるのか!頭の中のイメージを引き出す事ができるのか。まだ頭にない潜在的にイメージしているものをどう形にしていくのか!特に重要なのがターゲットとする人がどの層なのかです。

会社理念や製品の理念は黙ってても教えてくれます。だってその為にロゴをデザインしたいわけなので。でもこちらがヒアリングのプロとして考えとかなきゃ行けないのが誰が見てどう使うのか!どの場面でロゴを目にする事になりどういう事をターゲットとする人が思うのか。という所なんです。もちろんロゴを作ろうとする企業さんや個人さんはその事まで考えて理念を作ったり製品を作ったりしているわけですが、その場の話では思いをわかってほしいから思いを表に出す事が多いですよね。なのでしっかり拾ってあげるといいデザイナーさんになっていくのではないかと思います。

自分色の自分好みのロゴのファンになってもらいたい

好き勝手に作ったりもしたい。そのパターンの場合は得意分野作っていろんな人に作品見てもらってあなたに作ってもらいたいの!!って言ってもらう必要ありますね。

今まで言ってた事と真逆の話になるのですが、だいたい逆も成り立つ物です。その代わり知ってもらう努力とこの人ならこんな感じにしてくれそう!のイメージつけが大事だったりと戦略が変わってきますね。

ロゴデザイン

シルエットデザイン

バナーデザイン

学校か宗教かみたいな

 

「しかく」のデザイン

Fighting FOX