挫折をした人へ!挫折は挑戦の証。挫折を乗り越えた人が最強

まだ挑戦できる。

名言から考える「挑戦」について
名言から人生に大事なことがたくさん学べます。
「夢、希望、元気、健康、恋愛、仕事、やりがい、痛み、挫折、自己嫌悪、喜び」
名言を読むとがんばろうって思います。
でも現実とのギャップで自己嫌悪になることもあります。

名言を読み自分を変えようとする。変わらない自分いる。挫折する。元どおり。
名言を読み自分を変えようとする。変わらない自分いる。挫折する。でもがんばる。そのうち変わる。
試されてます。自分を変えるのは痛みを伴うこともありますが、がんばってる人いっぱいいます。ぼくもがんばってます。一緒にがんばりましょう。

アインシュタインの名言

挫折を経験した事がない者は、 何も新しい事に挑戦したことが 無いということだ。

アルベルト・アインシュタイン

Albert Einstein、1879年3月14日 – 1955年4月18日

アインシュタインの名言から考える挑戦

失敗と挫折の違い

ぼくはこういう意味で捉えています。

「失敗」 → 「最近うまくいかないな、またミスしたよ」

「挫折」 → 「もうダメだ、今度どうしたらいいんだ、人生終わりだ」

アインシュタインは失敗ではなく「挫折」の経験について言っています。ぼくは一回強烈な挫折を経験したことがあります。その経験から言っても「挫折」は強烈です。生きることそのものに強烈な問いかけを与えてくれます。「挫折」から立ち直った時もう二度とあんな気持ちを味わいたくないという気持ちとさぁ次は何をしようという気持ちが同居しているのを感じました。

「挫折」は自分を変える最高のチャンス

「挫折」を経験したことがある人間はあまり人の悪口や文句を言わなくなる傾向にあるのではないかと思います。なぜかと言うと「挫折」が何を人にもたらすかを知っているから。どれだけ辛い思いをするのかを知っているから。自分の目の前に何もない恐怖を味わったことがあるから。人生を変えるチャンスです。

「挑戦」とは何か考える

「挑戦」とは、先がまったくわからない、想像がつかない、でもこの道を進んだ先には何かがある気がする、いやここにしか道はない!というような気持ちを持って腹をくくり今までのいろいろなものを捨て何か新しいことに向かって行くことです。

それでも「挑戦」には価値があります。「挑戦」の果て手に入れることができるものにも価値はあるのですが、「挑戦」そのものに価値があります。人は「挑戦」をする人に夢と希望を感じます。

「挑戦」は怖いものです。でも「挑戦」にはそれをはるかに超える魅力があります。挑戦者の目はキラキラと輝いています。

まとめ

「挫折」の言葉の意味を真剣に捉えた時に辞書では表せない感覚があることがわかります。「挑戦」も同じことです。「挑戦者」はみんな知っています。「挑戦」することの魅力を。「挫折」は「挑戦」した人にしか味わうことができないものですが、「挑戦」をした人でまだ「挫折」を味わったことのない人もいます。「挫折」を味わうとそのまま人生が終わってしまう人もいます。でもぼくはこう思います。「挫折」を一度経験した上で這い上がった人間が最強だと。

→「名言から考える記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。