フルダイブ世界!イーロンマスクが人間の脳とコンピューターを接続する会社を設立

すごい世界がやって来ますね!

人間の脳とコンピューターが接続される未来が数十年でやってくるそうです。

動画の冒頭にイーロンマスクが人間の脳とコンピューターを接続する会社を設立!他にも多数のベンチャーが同じような試みを続々とはじめているそうです。

それってどうなるの?は動画で見てください。未来が見えておもしろかったですよ。

どうなると思いますか?

なんと!「世界が天国」になるそうです。わかりやすくインパクト大ですね!

世界が天国になるとどうなるか

世界が天国になると、文字通り天国です。全ての人が等しく自分の望む素晴らしい世界の主人公になれます。

動画でも、大きな家や車やブランド品が意味をなさなくなりワンルームの部屋を好むようになるんですって。

現実社会での負担を極限まで減らし、バーチャルの世界でフルダイブするといつでも大豪邸で世界最高のマリンスポーツが楽しめ現実社会のどんな異性よりも自分好みの異性に出会えるので現実社会で着飾り競争しと言った事が無意味になって来るそうです。

土地に限りがあり地域があり社会があるからその中での序列があり競争がありと言ったことが起きるのですが、バーチャルの世界ではみんなが主人公。自分の社会を作りその中で楽しむ事ができると言う事ですね。

すばらしい!ような少し怖いようなそんな世界が数十年後にやってくるそうです。

フルダイブ技術

そんなフルダイブ技術はいつ頃現実になってくるのでしょうか?

「フルダイブ実現は2030年代」AI権威レイ・カーツワイルのVR未来予測

あおぞらVR動画

の中でレイカーツワイル博士の著書からの未来予測があります。

2030年代には精神転送が成功して人そのものがソフトウェアベースとなります。

具体的にはナノマシンを脳内に挿入し外部機器を介さずにVR空間を生成できるようになります。イメージとしてはSAOでいうナーヴギアが必要なくなり、いつでも好きな時に自分の世界を構築できるようになるわけです

ナノマシンは脳の認知、メモリ、感覚機能を拡張するものとして、人格や記憶、知性を変更可能なので、自分のなりたい人間に誰もがなれるわけです。

人間がテレビゲームのキャラクターの様に脳内の神経接続によって簡単に変更できる時代になる、まさに「神」に人間が近づいていくわけです。

 

2030年には現実と区別のつかないVR空間を生成できると言う予測もあるんですね。

2045年には大半を仮想現実の中で過ごすようになるそうですよ。

いやかなりやばいですね!!未来はすごいことになりますね。

フルダイブ技術とは

フルダイブ技術とはVR(仮想現実)の行き着きたい場所ですね。最近VRメガネが賑わせてます。今はまだ視覚だけの世界の話と言う事です。フルダイブとは文字通り、VR空間に視覚だけでなく聴覚、味覚、触覚、嗅覚と言った五感を接続してその世界にダイブする技術のことです。

[ホームページ製作] dilection

カスタマイズサイトやオリジナルサイトの製作をしています。個人や小規模のサイトから中規模サイトの運営の相談まで受付しています。

[ホームページプラスデザイン] service

初期費用0円からスタートできる総合デザインの定額プランです。webやデザイン担当者を雇うより圧倒的なコスパと質です。

[プライベートレッスン] school

Wordpress、HTML5、CSS3でのWebサイト運営のプライベートレッスンから数人から十数人までのSchool、Kidsプログラミングスクールまで。