自分の望む状況を自分で創り出す方法について名言から考える

自然できる人が成功する 先人の知恵
福岡友だち作り交流会ARRIVO

名言から考える「自分の望む状況を自分で創り出す方法」について
名言から人生に大事なことがたくさん学べます。
「夢、希望、元気、健康、恋愛、仕事、やりがい、痛み、挫折、自己嫌悪、喜び」
名言を読むとがんばろうって思います。
でも現実とのギャップで自己嫌悪になることもあります。

名言を読み自分を変えようとするけど、変わらない自分いる、そして挫折し、元どおりに戻ってしまう。やる気と挫折を繰り返しながらそれでも何とか自分を変えようとがんばっているうちに変わって行くものではないでしょうか。

ぼくも常に前に向き続ける為に今日もがんばります。一緒にがんばりましょう。

ジョージ・バーナード・ショーの名言

この世で成功する人とは、立ち上がって、自分が望むような状況を探し回り、もし見つからなければそれを創り出す人だ。

ジョージ・バーナード・ショー

George Bernard Shaw, 1856年7月26日 – 1950年11月2日

ジョージ・バーナード・ショーの名言から考える自然

答えは自分の中にある。でもヒントは外にある

ぼくはこう捉えています。

「外に答えを探す」 → 「立ち上がって、自分が望むような状況を探し回る」

「内に答えを求める」 → 「それでも見つからなければ自ら創り出す」

外には答えはないと思っています。ただ答えのヒントはあると思っています。確かに自分の落ちつける場所も存在するとは思います。そこは自分が自分でいれる場所なのかなと思います。ぼくは外に答えを見つけることができなかった人間です。

「挫折」は自分を変える最高のチャンス

外にない時にそこで諦めてしまうこともできますが、ほとんどの人は諦めきれないのではないでしょうか。ぼくも諦め切れない人間でした。そしてその鍵は自分の内側にあると思います。もちろん外にでないことにはヒントは見つかりませんし感化されることもありません。インスピレーションが湧くこともなければ、活躍している人に刺激を受けることもありません。そう言った意味で外にでることは絶対に必要なことだと思います。

今、自分の望むような状況を探し回っている人の中で精神的につらい状況にある人もいるかと思います。どこに行き着くのかわからなくて落ち着かない日々を過ごしている方もいるかと思います。ぼくの場合その20代前半からの数年間と30代前半からの数年間の2回このような時期をすごしました。おかげさまで今はまだ成功と言える状況ではありませんが自分の道を歩むことができています。

まとめ

ぼくにとっての自分の内側と向き合う作業はこのブログを書き続けることでした。毎日最低1記事から5記事を書き続けたことで見えて来たことがあります。確信に変わったこともあります。捨ててきたこともあります。新しく拾ったものもあります。そして一番大きかったことが今まで外からヒントを得てきたことをブラッシュアップして仕事の領域にまで形を変えることができたことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました