やったことよりやらなかったことを後悔する

死を前にしたとき、みじめな気持ちで人生を

振り返らなくてはならないとしたら、いやな出来事や逃したチャンス、

やり残したことばかりを思い出すとしたら、それはとても不幸なことだと思うの。

オードリー・ヘップバーン
Audrey Hepburn 1929年5月4日 - 1993年1月20日
オードリー・ヘプバーン

もっと冒険しておけばよかった

何度かいろんなところで聞いたことがあります。アメリカで90歳以上の方へアンケートをとった所、90%以上の方から同じような答えが返って来たそうです。

「もっと冒険しておけばよかった」

人は、やったことよりやらなかったことを後悔するいい実例ですね。

迷ったらGO。人生一度限りです。今何か迷っていることがあれば何かしらやる方法があるのではないでしょうか。

やる気のはなし

何かを始めた時に三日坊主になってしまった経験ってありませんか?

ぼくはよくあります。

恒常性(ホメオスタシス)

原因として恒常性(ホメオスタシス)が関係していることがあります。
恒常性とは「体を一定の状態に保とう」とする働きのことです。

体は、常に安全で安定した状態を保とうとします。

体の機能は自動的

体温調整や血圧調整、ウィルスの排除などは、体を安全に保つために自動的に行われていますよね。

体温が上がりすぎているから少しさげようかな?とか頭で考えてすることはありません。

同じように何か新しいことを始めると、恒常性が働きいつもの状態に戻そうとします。なので、三日坊主で元の状態に戻ってしまうのです。

21日で習慣化される

何か自分を変えようと続けて習慣化する場合にはどうしたらいいのでしょうか?

恒常性に気づかれないように小さくコソコソと始めるといいのです。気がつけばいつの間にか変わっちゃってるというのが大事です。21日で習慣化されるといいます。

恒常性に気づかれないまま21日を越えれば習慣として定着しやすくなりますので、コソコソしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事