目標へ到達しようと努力することによってのみ、 人生が意味あるものとなる。

生きる意味見つけようぜ。 先人の知恵
福岡友だち作り交流会ARRIVO

名言から考える「目標」について
名言から人生に大事なことがたくさん学べます。
「夢、希望、元気、健康、恋愛、仕事、やりがい、痛み、挫折、自己嫌悪、喜び」
名言を読むとがんばろうって思います。
でも現実とのギャップで自己嫌悪になることもあります。

名言を読み自分を変えようとするけど、変わらない自分いる、そして挫折し、元どおりに戻ってしまう。やる気と挫折を繰り返しながらそれでも何とか自分を変えようとがんばっているうちに変わって行くんじゃないかなって思います。

ぼくも常に前に向き続ける為に今日もがんばります。よかったら一緒に考えてください。

アリストテレスの名言

人間は、目標を追い求める動物である。

目標へ到達しようと努力することによってのみ、

人生が意味あるものとなる。

アリストテレス

Aristotelēs、紀元前384年 -紀元前322年3月7日

アリストテレスの名言から考える「目標」の意味

過去に縛られている人と未来に向かっている人の差

「目標」がある人は過去に縛られることがありません。「目標」がない人は過去に縛られます。

今日自分がする行動の基準を考えてもらえばわかりやすいのですが、「目標」がある人の今日の行動は未来を基準にして「じゃぁ今日はこれをする」ことが基準になります。「目標」のない人は今日の行動の基準を過去していたことの中から選んで行動します。未来から行動を選べば自分の人生は自分でコントロールすることができます。過去から選べば人生は過去や他人に縛られます。

「目標」がないと死に向かう?

あるアメリカの統計では、経済的に成功を収めてリタイアした人の平均寿命は18ヶ月と言うデータもあるそうです。日本でもお父さん定年したら急に老け込んだねと言うことあります。それだけ「目標」が持つ力は大きいと言うことではないでしょうか。

目標達成に努力は必要ない

目標達成を努力ですることもできますが、努力をせずに目標を達成することもできます。それにはセルフイメージを変える必要があります。トイレに行きたくてしょうがないけど行ってはいけない状況の時にトイレに言ってもいいよと言われた時、努力なしにトイレに向かっていると思います。それと同じことです。セルフイメージを変えてあげることで努力ではなくやりたくてしょうがないという精神状態で目標へ向かうことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました