シンプルに考える → 森川 亮さんの考え方がスッキリしてて好き

BOOK
福岡友だち作り交流会ARRIVO

ローカルなんですが、福岡の天神TSUTAYAでなにげに見つけた元LINE CEOの森川亮さんの書籍を読んでみたら、いや、これおもしろいです。

力のある人、努力しまくった人にが考える組織論で大変興味深いです。

本当に大切な1%とは何か

森川 亮さんイメージ写真

こんな人です。書籍の帯なので一目で目につくと思います。

1967年、神奈川県生まれ。1989年に筑波大学第三学群情報学類を卒業後、日本テレビ放送網株式会社へ入社。ネット広告や映像配信、モバイル、国際放送など多数の新規事業立ち上げに携わる。仕事のかたわら青山学院大学大学院国際政治経済学科に通い、1999年にMBAを取得。2000年にソニー株式会社へ入社。ブロードバンド事業立ち上げなどに携わる。2003年にハンゲームジャパン株式会社(現:LINE株式会社)入社。2007年に同社の代表取締役社長就任。2011年6月に「LINE」のサービスを開始。わずか1年半後の2012年12月にユーザー数1億人を突破するほど急成長させた。2013年4月、ゲーム事業を分離して、「LINE」をはじめとしたWebサービス事業を展開するLINE株式会社に社名を変更。代表取締役社長に留任。

ニッポンの社長

まずは経歴から、

なんか、すさまじぃプロフィールでパッと見エリートまっしぐらですが、大企業でやりたいことができなかった。シンプルに集中して仕事をしたかったという理由で給与が半分になりながらも転職しまくった努力の人です。

シンプルに考える原則として、

「戦わない」

「差別化は狙わない」

「計画はいらない」

「偉い人はいらない」

「自分を守らない」

「情報共有はしない」

「モチベーションはあげない」

「成功は捨て続ける」

をあげている。まさに書籍の中身を要約するとこれに尽きます。

まさに

本当に大切な1%に100%集中する

これを元に組織作りをやったったって感じ。もう読んでるだけで風通し抜群です。ってビンビンに伝わってきますもん。

まさにこれからの組織のあり方の一つとしてはコレだなって思える。

それを感じるだけでも価値ありな一冊ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました