レトロフューチャー

「レトロフューチャー」この言葉に触れたのはいつの頃だったでしょうか。妙に惹かれた事を覚えています。その時に感じた感性を大事に変わらない軸に据えています。

日本語にすると「懐古的未来」ビビッと来るものがありました。「レトロフューチャー」な世界観を管理者の趣味と感性の表現の場として「モノ」「コト」「オモイ」を書き連ねていくブログにする事に決定しました。

2014年吉日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。