ダイニングテーブルや仕事用に、一人用持ち運びこたつをDIYで制作しました。その様子をレポートします。

一人用こたつを考えたキッカケ

こたつに入って仕事

winter-1080045_640

こたつに入って仕事がしたい!という欲望にかられました。調べてみると一人用こたつにはいいところがたくさんあります。ウチが寒いということもあるんですが、ちゃんとした理由から紹介

仕事時に使いたい理由

  • 頭寒足熱で効率アップ
  • 頭寒足熱で健康にもいい
  • 普通のこたつだと長時間は体勢がきついが仕事机なので楽
  • 経費削減(まずこたつは電気代安い+一人用なのでさらに安い)

選択肢は二つ。「買う」か「DIY」するか。

まず売ってるか、調べてみました。ありました。

選択肢1 「買う」

メトロ一人用こたつ

メリット

  • 自分で作るよし安心・安全
  • 手間がかからない

デメリット

  • 作るより高い

選択肢2 「DIY」

DIYも調査しましたが、我が家ではDIYの方がよさそうです。

DIYの方でいいかなと思ったポイント

  • 簡単につくれそう
  • 時間も30分くらいでつくれそう
  • こたつキットが安く手に入りそう(1000円〜2000円)

こたつキットは、中古屋さんで手にいれることで安く手に入ります。

■一人こたつDIY参考記事

費用をなるべく抑えたいなら、中古のコタツをリサイクルショップやオークション等で入手することで、かなり安価に手に入れることもできます。

時期によって需要が異なるので、値段も変動するとは思いますが、秋口に私の持っているコタツと同タイプのテーブルコタツが1000円前後で販売されていました。

物によっては新品同然の物もあるので、中古は絶対に嫌だという方以外には、一考の余地があります。

ゆるいDIY

こたつキットを見つける

さっそく、近所の中古屋さんを2件訪問。2件目でこたつが2000円で山積みに。

一番新しくてワット数が高そうなもの(500w)を、点検の有無とその場で動作確認してもらい購入。

一人こたつ制作開始

※あくまでも個人的なDIYなので、制作は自己責任でお願いしますm(_ _)m

天板をとる

まずは天板をとります。天板はいらないので、中古屋さんで持って帰らなくていいと言われたら処分をお願いしてもいいのではないでしょうか。

IMG_6736

取り外すのも面倒なので、このままのこぎりで角を全て切ることにしました。

角を全て切ってこたつキットだけにする

材質が軽いものなので、すぐに切れます。外の黒い部分もプラスチックなので割って簡単に処分できそうです。

IMG_6737

全て角を切った状態です。思った通りこれに縁をつければ完成します。

外枠を組み立てる

ホームセンターで2×4材のちょうどいいサイズを買ってくれば600円くらいあれば揃うと思います。今回は、家にあった端材を張り合わせることにしました。

IMG_6738

外枠をつけたところ。10分たらずで完了します。

補強して完成

好きなところを補強する。感想としては、全ての面にもう一本づつくらい入れた方がいいのではないかと思います。

IMG_7085

使用レビュー

完成です。2週間くらい使用していまうが、とても快適です。ひざかけ程度でも足元あったかで暖房いらずで仕事ができています。ダイニングに持って行ったり持ち運びも便利んなのでいろんなところで使えます。便利ですよ。

まとめ

一人こたつ相当使えます。余裕のある方は、専門のものを買っても安心できていいのではないかと思います。家に使わないこたつがある方で自己責任で制作のできる方はDIYで作ってもいいと思います。

デメリットがまったくない暖房器具ですので仕事や勉強で使う方にすごくおすすめです。椅子があるところで使えるので、こたつなのにだらけてしまうこともなく頭寒足熱で元気に作業ができます。

おすすめの記事