初めてのタイルキッチンとホーローシンクのDIY製作開始!!

前の記事で、準備段階から買い物終了までを書きました。

でもって、今回は、タイルキッチンとホーローシンクDIY開始!!

まずは、現状から

ファイル_000 (3)

で一気に全部引っぺがす。思ったより簡単で手でガンガンやったら全部取れました。あのすごく大変そうなイメージはなんだったんだろう。しかし捨てるのが大変だ。

ファイル_000 (4)

はがしてみるとこんな感じ。よくよく見ると、もともと敷地ではない部分を適当に増設してるから、キッチンの床部分は薄いベニア。床からやり直し確定!!

ファイル_000 (5)

床は、近くのホームセンター「ナフコ」にて30mmの杉板を並べました。

ここで、TOTOのSK106ホーローのシンク↓が届きましたので、開封

【送料込】【TOTO-SK106】【送料無料】[TOTO]はめ込み流しセルフリミング式SK106【RCP】【smt...

【送料込】【TOTO-SK106】【送料無料】[TOTO]はめ込み流しセルフリミング式SK106【RCP】【smt…
価格:19,305円(税込、送料込)

ファイル_000 (7)

なかなか重いです。どうしよう一人で設置できるかな。言っててもしょうがないので、骨組み開始!

結構いいのができました。今後ガスコンロはつかわないので、栓をしめて、ガスコンロの上に骨組みを作っちゃいました。

ファイル_000 (13)

この上にベニアを貼って、そこからタイル張りの予定。ここまでは思ったより順調に進んでおります。

で、ベニアを貼ったところ。一応気にして防水っぽいやつ

ファイル_000 (10)

さぁタイル張りのスタートだ!こっちも届いていたので、開封。上に脂取り紙みたいのがくっついていて、貼った後に水で濡らすと綺麗にはがせるという代物です。これで目地の隙間は安心。

 

ファイル_000 (6)

タイル用のボンドをしたに塗って、全体に貼っていきます。ボンドを塗るときは、スクレーパーでボンドがつきすぎないようにナミナミにしていくのがポイントです。多すぎるとムニュってタイルの隙間から前面まで出てきちゃいます。

ボンドはコレ使いました。タイルエース

 

 

ここでは、あんまりムニュってならないようにしないと後で目地を埋めるときに邪魔になります。

ファイル_000 (11)

全部貼り終えたところ。足りないところや余るところは切り貼りして調整してください。結構大変でした。

何よりも、コレはがし終わったら、今度は目地うめがあると思うと少ししんどくなったので、数日間寝かせることにw

はい!リスタート。がんばるよー。

目地材は、白とグレーと色があるようで。知らなかった。今回の色だとグレーかな。

ってことで使ったのはコレ。水で混ぜるだけで簡単にできます。タイルの上からゴムベラを使って埋めていきました。

確かに簡単にできるんだけど、その後の拭き取りが大変でした。

でようやく出来上がり。完成★幸せ。毎日ニヤニヤしてます。

ファイル_000 (9)

[ホームページ製作] dilection

カスタマイズサイトやオリジナルサイトの製作をしています。個人や小規模のサイトから中規模サイトの運営の相談まで受付しています。

[ホームページプラスデザイン] service

初期費用0円からスタートできる総合デザインの定額プランです。webやデザイン担当者を雇うより圧倒的なコスパと質です。

[プライベートレッスン] school

Wordpress、HTML5、CSS3でのWebサイト運営のプライベートレッスンから数人から十数人までのSchool、Kidsプログラミングスクールまで。