廃材利用のリビングの壁

たくさんのペンキ DIY
福岡友だち作り交流会ARRIVO

廃材を利用して、リビングの壁を作りました。端の方は廃材が足りず仕方なく新しくSPF材を購入、なかなかいい感じに仕上がりました。

材料はウッドデッキ

haizainokabe

もともとベランダのウッドデッキ用に使用していたものだったのですが、子供が少し大きくなってきてコンクリでもいいなと思ってきたことと、経年による割れが発生して来ている箇所がありましたので撤去をと思っていましたが撤去するもの勿体無くまだらにいい感じの古材感が出てましたので、リビングの壁に再利用することにしました。もともと我が家は築40年以上でリビングの壁はと言うとプリント合板で安っぽさが目立っていましたので、重厚な感じを出したいなと思っていたのでちょうどいいところにちょうどいい廃材が出ましたので安く済むこともあり、張り切りました。

外の物を中に使うと雰囲気がでる

外で使用では耐えられなくなってきたものでも用途を変えるだけでこんなにも雰囲気が変わります。例えば、家の外の物を家の中に活用。家の中の物を家の外に活用!などして行くといつもと違った「非日常」を生み出せることに気づきました。同じような原理で、「通常そこにない物」を使うと言うのも非日常を生み出せて手軽に安くおしゃれ空間を生み出すことが出来ますので視点を変えて考えてみるとおもしろいのではないでしょうか。

外の物を家の中に!パッと思いつくパターン

  • 大きめサイズの廃タイヤをリビングのテーブルに
  • パセリをキッチンに
  • 公園にあるようなアミアミのゴミ箱をキッチンやリビングに
  • 自転車を玄関やリビングに

どれも、言われてみるとよくあるパターンですのですぐにイメージが湧くのではないかと思います。同じような視点で見るといろいろおもしろい発想が湧いてくるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました