動物性プロテインと植物性プロテイン!!プロテインの語源は「もっとも大事なもの」

未だにプロテインは筋肉マッチョのものだと思っている人が結構いることにびっくりですが、最近こんな話を聞いて確かにそういうこともあるなと思いました。

プロテインは日本語でタンパク質のこと。三大栄養素だからマッチョと関係ないのはわかった!でもね、たんぱく質と書いてあればいいんだけど、プロテインと書いてると「イメージ」が!!

と言うんです。イメージが!!これ大事ですね。人はどうしてもイメージで認識してしまうものなんです。

でもね!

違うのよ〜。イメージで捉えているとイメージを作った人の言う通りの人生になってしまうんです。

医療費は毎年一兆円増えている。イメージでものごとを捉えている人がイメージに刷り込まれた食べ物を食べ続けて来た結果が出てるんだよ。

つまり、何を勉強してもイメージで捉える癖がある人はなかなか抜けて来ることが出来ないのでいつまでもイメージの虜になってしまう悲しいお話なんです。

プロテインの話

プロテインの語源はギリシャ語でプロテイオス「もっとも大切なもの」が語源なんです。

プロテイン=たんぱく質なのですが、たんぱく質も動物性と植物性に分かれます。

バランスよく取ることが大事だと言われています。

動物性プロテインと植物性プロテイン

動物性のプロテインが筋肉マッチョのイメージをつけた原因になってるんですね。確かに動物性のたんぱく質を摂って筋肉をいじめてあげるとすぐにマッチョになることが出来ます。

でも動物性のたんぱく質で作ったマッチョは運動をしなくなると途端に脂肪になってしまうのでずっと運動を続けていないと行けなくなっちゃいます。

現代人の生活は「肉」中心が多いので動物性のたんぱく質はどちらかと言えば摂れている部類に入るのです。動物性のたんぱく質が悪なのではなくバランスの問題で摂れていない植物性を摂る必要がある人が多いのです。

絶対的に足りていない植物性のプロテイン。植物性のたんぱく質と言えば代表は大豆ですね。「大豆は畑の肉」と言われるほど大事にされているのは貴重なタンパク源だからなんですね。

植物性のプロテインを「ソイプロテイン」と言うのですが、ソイはSOY=大豆なので大豆が中心になったプロテインのことなんです。植物性のプロテインは大豆をすっごく細かくした粉だと言ってもいいんです。細かく粉にしたのは吸収率の問題です。効率よくたんぱく質を吸収する為に細かい粉にしてあるのです。

そうか!じゃぁ大豆だ!と言うのがひと昔前、100才まで生きる今の時代はその大豆大丈夫なの?とどこで摂れてどう加工されたものなのかまで考えて信頼の置けるところから動物性のたんぱく質と植物性のたんぱく質をバランスよく摂って行く必要があるのです。

[ホームページ製作] dilection

カスタマイズサイトやオリジナルサイトの製作をしています。個人や小規模のサイトから中規模サイトの運営の相談まで受付しています。

[ホームページプラスデザイン] service

初期費用0円からスタートできる総合デザインの定額プランです。webやデザイン担当者を雇うより圧倒的なコスパと質です。

[プライベートレッスン] school

Wordpress、HTML5、CSS3でのWebサイト運営のプライベートレッスンから数人から十数人までのSchool、Kidsプログラミングスクールまで。