漢字を少なくするだけで、すごく分かりやすい文章が書ける

文章で人に分かりやすく伝えようと思ったら、必要な技術って思ったよりたくさんあります。

書籍とかネットで調べてもたくさんでてきます。

ほんとにたくさんあるんです。びっくりするくらい。もちろんたくさん知ってるに越したことはないんですけど、そんなに時間はかけれないよって人の方が多いと思います。

なので、時間のない人や急いでいる人にも一言で伝わる一番かんたんで効果の高い文章術をお伝えします。

「分かりやすい文章」を書く時に心がけるシンプルなルール

 

「漢字」をあまり使わない

 

これだけです。なんでこれだけで「分かりやすい文章」が書けるんだろう。

 

ポイントはこれ!誰に「分かりやすい文章」を書くのか?

文章を書く時に一番心がけることは、「読み手」の存在です。

「読み手」ってほとんどの場合一般の人です。

一般の私たちが一般の人に向けた文章を書く場合「漢字が少ない」ことが「分かりやすい」につながります。

漢字が少ない文章のメリット

  • 分かりやすい
  • イラっとされにく
  • 文章が柔らかくなる
  • 共感しやすい

漢字が多い文章のデメリット

  • 理解に時間がかかる
  • 偉そうと誤解される
  • 文章が固くなる
  • 共感しにくい
  • 人に伝えにくい

すごく簡単な校正方法

せっかくなので、すごく簡単な文章の校正方法もお伝えします。

全体がまとまりのある校正が一瞬でできる二つのチェックポイント

  • 「パッと」みて、柔らかい印象か見る
  • 「パッと」みて、なんとなく美しいかどうか見る

これだけ情報が溢れてると面倒な文章は読みたくないんです。

面倒な文章で読んでもらえるのは、特別な人だけだと思ってもらっていいと思います。

特別な人以外は、心地よい文章が読みたいんですね。

心地よい文章=「柔らかい文章」「なんとなく美しい文章」になります。

なので、「柔らかくて、なんとなく美しい」を意識するだけで、全体的にもまとまりがでて分かりやすく、印象もいい文章ができあがります。

まとめ

6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない

アルベルト・アインシュタイン

簡単な言葉に置き換えて説明することは自分自身の理解にもつながります。

6歳の子どもにわかる口調で大人にもわかる文章にするイメージで考えると分かりやすい文章につながると思います。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。