かんたんに全体像を把握30%の税金免除で「KDP」登録方法

先日ふと思いつきまして、KDPを使ってkindle本を出版することにしました。

その為、KDPの手続きをしたのですが、これがなかなか大変だったのでやり方をメモっておきます。

KDPとはKindle Direct Publishingの略でKindleに直接書籍を登録できますと言うすごいサービスです。

かんたんに全体像を把握できる「KDP」登録方法

「誰でもかんたん」がポイントだったのですが、意外と大変でしたのでかんたんだったポイントと意外と大変だったポイントをそれぞれまとめたうえで参考になったサイトとかも紹介します。

いろいろ駆使してようやくここまでくることができました。

ぼくが一番初めに知りたかった情報は、なんとなくどんな流れで進めていくのかだったのですが、それがまとまっているサイトがありませんでしたのでまとめておきます。全体を掴むのに使っていただければと思います。その他やり方は検索すればたくさん出てきますのでそちらを参考にしてください。

全体の流れとしては、Amazonのアカウントを持ってさえいれば、「KDP」から必要項目を登録して行くだけで簡単に電子書籍の販売がKindlestoreよりできます。

必要項目を大きくわけると

「会社・出版者情報」「税に関する情報」「ロイヤリティの支払い」の3種類になります。

かんたんなポイントはここ

Amazonのアカウントを持っているだけでわかりやすい画面から登録することができます。

スクリーンショット 2016-02-06 10.23.56

「会社・出版者情報」「税に関する情報」「ロイヤリティの支払い」の三項目を入力するだけでKDPの登録が完了し本を出版できるようになる。

「会社・出版者情報」・・個人情報を入れるだけなので直感的にすぐできると思います

「ロイヤリティの支払い」・・銀行口座を入れるだけなのでこちらも直感的にすぐできると思います

「税に関する情報」・・人により大変なポイントなので下で説明します。

大変だったポイントはここ

「税に関する情報」の入力が英語が分からない人にとっては結構ハードルが高い

「税に関する情報」を入力しないと米国に30%の税金を払うことになります。本来日本に住んでいるので払う必要のないものになるのですが、その為の申請が複雑でよくわからない為ハードルが高いと思われます。

おおまかな流れは、EIN取得 → 税のアンケートに入力 → 完了

EINの登録

KDPではなく「IRS」と言うサイトより取得できるEIN番号が30%の税金を払わない申請の為に必要です

【IRS公式site】

https://www.irs.gov/Businesses/Small-Businesses-&-Self-Employed/How-to-Apply-for-an-EIN

EINの登録さえ済ませてしまえば、後は、EIN番号を入れて進んでいくだけで比較的かんたんに進めることができます。

EINの登録法方法

  • 電話による登録 → オススメ!その場でEIN番号を取得できる。所用時間20分くらいなので英語が話せる友人がいる方は絶対にこの方法をオススメします。
  • FAXによる登録 → 実際にしてはいないのですが、3週間くらいかかるそうですしうまく行っているのか分からなかったりIRS(EINを登録する会社)のFAX番号がコロコロ変わるみたいで不都合なことが起きてるブログをいくつか見かけました。
  • 郵送による登録 → FAXより時間がかかるみたいです。こちらもちゃんと着いているのかとかの確認が難しいので結局不安なまま待つ可能性が高くなります。

電話がどうしても難しい場合FAXでされている方のブログもみかけましたので推奨は電話orFAXになります。

電話による登録の参考サイト

EIN番号取得テンプレ → http://omoshiro-eikaiwa.com/study/1597.html

FAXによるEIN登録

「ein 取得 fax」で検索していただいていくつか見ていただければわかるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。