SNS中心に完全に変わりつつあることを最近実感しまくってる

webが完全にSNS中心に移行してるなと最近改めて思う。

SNS中心って一言で言うとインターネットが「人」中心に変わったってことです。

そうすると今までのビジネスモデルを一気に変えていかなければいけないなと思う。

cafe-984275_1920

最近ググってないな

最近「ググる」ことが減ってきてる。それよりも誰からの情報なのか?の方が気になる。情報よりも「情報源」の方が大事。何を知っているかよりも誰を知っているかの方が大事。

これをすごくすごく感じています。

websiteの移り変わり

昔はね、websiteはコンテンツを読ませるもので、マスに向けて何かを発信するものだった。

でも、今の時代のwebsiteって優先順位の一番は人と人を結びつけるものに変わったのは間違いないと思う。だからと言って従来のコンテンツマーケティングやGoogle向けのSEOなどで物や情報を売ることが全くなくなるのかと言うとそうではないと思うけどね。

ただ、一つ言えることは、最高の時代になってきたなって好きなやり方に変わっていってるなと改めて思う。

ぼくらが生きてきた企業中心の時代から、全力で遡り地域の商店や街のちょっとした影響力がある人っていうのがどんどん活躍できるすごい時代になってきたなと思う。「人」中心の時代ですよ。

SNSからかなりのことがわかる

SNSでつながればだいたいその人の大事にしている価値観がわかります。

つながりの経済がどんどん世の中に侵食してる。

インターネットが人と人とのつながり中心に再構成されているとてもいい時代です。いい人にこそチャンスが回ってくるいい時代です。

SNS最盛期だからこそwesiteが生きてくる

SNS最盛期の今のwebsiteの役割ってなんだろうな。って考えた時に答えが一つ出てきます。それは、SNSとSNS、SNSと検索をつなぐハブの役割だよな。すべての中心にwebsiteを置いてすべてのwebサービスと繋げる役割を持つものがwebsiteの役割になります。それはこれからスタートされるすべてのサービスをされる人に絶対に伝えてあげたいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。